プロである医師が執刀する医療の情報を常に認識しておくことが大事です

明日は我が身と言う精神

病院と言うのは時にとても恐い場所になる事もあります。
例えば最近多い医療事故や医療ミスの当事者になる事も十分にあります。
いくら自分は大丈夫と思っていても、手術の時は完全に受け身態勢になってきますので自分ではどうする事もできません。

明日は我が身と言う精神
また入院している時もベッドから転落したり、また廊下などで転倒する事もあります。
実際にそのような経験がある方も多いかもしれませんね。
一旦医療事故や医療ミスが起こるととても大変な事になってきます。
もしかしたら退院の日が延びるかもしれません。
また再手術を行う事もあるかもしれません。
ですのでいつも明日は我が身と言う精神を持っていたほうがいいかもしれませんね。

私たちの努力も必要になる

医療事故や医療ミスと言うのは絶対あってはいけません。
病院ではプロである医師が執刀する事になりますので手術も成功して当然になります。
しかし実際は手術ミスなども起こっていますので診察を受ける時は十分に注意する必要があります。
いろいろな情報サイトなどを利用して少しでもいい病院を見つけるのもいいかもしれません。
そこは皆さんが努力する必要があるのかもしれません。
それによって医療事故や医療ミスが軽減されればいいですね。

医療事故も増えている

私たちが病気やけがをした時にお世話になるのが病院になります。
よく街中で救急車を見る事もあります。
この病院と言うのは私たちにしてみたら欠く事のできないとても大切なものになってきます。
毎日多くの方がこの病院のお世話になっているのではないでしょうか。
しかしこの病院では毎年とても多くの医療事故が起こっているのも事実です。
2013年の統計によると全国での医療事故が3049件になっています。
今回は初めて3000千件を超えた事になります。過去最多の記録になりました。

医療事故も増えている
そしてその事故の内容は、リハビリをしている時の転倒、またベッドに移動中の転落など療養中の事故が1000件を超えています。
これは現在の日本で問題になっている介護問題と大きな関係があるのかもしれませんね。
介護する方、また介護される方それぞれ大変な事かもしれません。
また老老介護も最近話題になっています。
この老老介護をする事ができなくなり、病院に入院する事でまた事故が増えてくるかもしれませんね。
これは今後も多くなっていくのではないでしょうか。
また医療裁判もよくニュースで流れる事があります。
それだけ多くの医療事故が起きている事になってきます。
この病院での医療事故はできるのであれば避けたいものです。
しかし現実はとても多くの件数の事故が起きていますのでそれなりの対策も必要なのかもしれませんね。

医療事故は増えています

最近は病院での医療事故の件数も多くなっています。
ある統計によると2013年の医療事故は3000件を突破しました。
これは史上初めての事になってきます。
医療事故と言うのは病院側、また患者側双方に取って不幸な事になってきます。
ですので可能であれば回避したいものです。
これは病院側、また患者側が注意する事によって回避可能になってくると思います。
この病院での医療事故と言うのはどう言うものがあるのでしょうか。

一人一人の心掛けが大切

昨年の例を見てみると、リハビリ時の転倒やベッドに移動中の際の転落などが1000件を超えています。
これらの事故は病院側、また患者側が注意する事によって回避する事が可能になってくると思います。
しかし実際は医師や看護師不足が要因となって、そのような事故が起こる事も多くなっています。
それゆえ病院の体質改善をする事によって解消されるかもしれません。
しかし現実的には難しい面もあるものと思います。
この医療事故と言うのは今後も増えてくるかもしれません。
しかし手術ミス以外の転落事故などは、注意する事で回避可能になってきます。

The recommendation site
http://www.pecofulu.info/
毎朝1食分の食事を青汁と置き換えすることでぜいたくな気分になるのはなぜかしら!?

ですので病院や患者それぞれが毎日注意するようにすればいいのではないでしょうか。
一人一人がそのような心掛けによってこの医療事故を減少させる事ができるかもしれませんね。

働きやすい環境作りが必要

最近は医師や看護師が不足している病院も増えているようです。
特に小さい病院で多くなっているのではないでしょうか。
病院で働く医師や看護師の仕事は激務になってきます。
時にはその仕事が長くなってしまう事もあるでしょう。
それに加えて医師、看護師不足になってくれば、患者のケアも行き届かなくなってしまいます。
そうなれば当然事故に発展する事になります。
医療事故が起こると病院側、患者側それぞれが大変な局面を向かえる事になってきます。
そのなかには前述のような医療裁判に発展する事もあるかもしれません。
また和解する事もあるかもしれません。
どちらにしても大変な事ではないかと思います。
ですのでそのような医療事故を防ぐ必要があります。
そうなるとやはり適正な人員配置になってくるのではないでしょうか。
各病院に医師や看護師を適正な人数配置する必要が出てくると思います。
それによって病院業務も順調に回っていくのではないかと思います。
もちろん働きやすい職場環境を作っていく必要もあります。
皆さんが働きやすい環境と言うのが大切になってくるのではないかと思います。

安心な住まいを誇る日本のピカイチな医療とは!?

医療費は保険がきくのが当たり前、ではありません。アメリカではかなり費用がかさむため破産する人もいるほどです。

安心な住まいを誇る日本のピカイチな医療とは!?

一方で進化をつづける日本では家族も安心できる病気についてまわる事故調査システムもあります。

驚くほどの高い額

アメリカでは基本的に自由診療を進めており、国民すべての人がかけられる保険はありません。そのためそれぞれの人が民間でもしもの時のための保険に入ろうとしますが、審査が厳しいため入れないこともあります。

所得の少ない人は支払いが難しく、先進国にもかかわらず十分な治療を受けられないケースもあるという半ば信じがたい現実です。病気やケガを治すために家を売る家族もあり、「健康第一」ということばに深くうなずけます。

自己破産する人もいる

アメリカでは質の悪い保険が多く、その支払いに追われて破産する人もいらっしゃいます。何のために入っているのか分からない、本末転倒なエピソードですが、決してレアケースではありません。実に6割の人が、医療費により自己破産しているデータがあるため笑いごとではすまされません。

入っていても必要なお金を負担してもらうことができない保険も多くあります。身体的にも経済的にも、病気やケガは人生を棒に振るかもしれないのです。

びっくりぽんなエピソード

ほんとうにあった請求の金額というからおどろきです。オチオチ旅行先でけがや病気などもできませんね。

・盲腸で17,000ドル(200万円)
・がんの治療費1か月3,250ドル(40万円)
・骨折で手術を受け2日入院したら20,000ドル(250万円)
・貧血による2日入院で20,000ドル(250万円)
・毒蛇に噛まれたら154,000ドル(1900万円)

旅行にいくときには万が一にそなえて保険に入っておきましょう。受診できる機関がリストになっていることもあります。

比べてみると安心安定の保証

アメリカのおどろきの高額請求を知ると、対する日本でかかる費用やそのシステムがすばらしいものに見えますね。健康保険は企業のものであっても国民健康保険であっても、アメリカに比べれば安く入ることができて保険内容も充実しています。健康を取り戻すためのお金で人生が台無しになることはない日本は良心的といえるでしょう。

不信な出来事にも対応できる

更には、2015年10月1日、日本で医療事故調査制度が始まりました。事故原因や院内の調査を行い、口頭もしくは書面、または両方による報告するものです。結果を伝える先は、遺族と「医療事故調査・支援センター」という第三者機関です。患者や遺族の方と病院との関係を良好にして信頼度を高めることを目的として作られています。

PR ダイエットサプリの悩みありませんか?

全国およそ28万か所の病院などでおこった「診察や治療を行った患者の予期せぬ死亡事例や死産」を対象としています。遺族は量調査結果に納得できない時にはセンター宛に再調査の依頼もできます。費用は2万円となっています。「院内調査の検証」が主の内容となり、あらためて報告書を受け取ることができます。

日本では信頼のおける制度があります。使えるものはすべて活用して、健康的でゆたかなくらしを送りましょう。